サプリとコスメを初回限定割引でお得にお試し!

メディプラスゲルを初回限定割引で通販【初回お試し・最安値】

初回限定割引価格でお試し

通常価格 4,990円
初回限定 2,790円(43.0%OFF)
その他特典 サンプルセット+ミニメディプラスゲルもプレゼント

初回限定価格で今すぐ購入!
初回限定のお得な割引価格で購入する

初回限定ちゃん

メディプラスゲルは化粧水、乳液、美容液、クリームが1本でOKのオールインワンゲル!累計1000万本突破の人気商品です。

メディプラスゲルのポイント

見た目年齢不詳美人を作るオールインワンゲル

近頃はオールインワンゲルというものが流行っています。これ一本あれば、乳液や化粧水、クリームなどの役割を全部してくれる、大変便利なもので、化粧に時間を取られたくない忙しい現代の女性に大人気なのです。

朝出かける時に、何種類もの化粧品を付けていては時間がかかって仕方ありません。ただでさえ忙しい朝の化粧時間を短縮できるうえに、置き場所も一本分で済みますから、人気なのもうなずけます。

その中でも、今注目を集めているのがメディプラスゲルなのです。

このメディプラスゲル、他のオールインワンゲルとどう違うかというと、メディプラスゲルは、肌環境を向上させることを重視しているのです。この商品はメディプラスオーダーズ代表の恒吉明美さんが、肌トラブルを解消するために考え、作った商品です。

自身も敏感肌だったため、皮膚科のカウンセラーとなり、肌が老けて見える女性は肌に触り過ぎだ、ということに気付きました。そこで、肌環境を改善するこだわりのオールインワンゲルを開発したのです。

美容液、クリーム、乳液等複数使うことによって肌に刺激を与えてしまっていたのを、オールインワンゲル一本で済ませることにより、刺激をやわらげました。

しかし、入っている成分がおざなりでは何の意味もありません。若いうちはオールインワンゲルでいいけれど、年齢を重ねるとそれだけでは不安、という人も多いのです。

そんな方も安心して使えるよう、メディプラスゲルには62種類もの美容成分が入っています。実際に使った人からも「若返った」「見た目と年齢のギャップがうれしい」と大絶賛です。だから今までに1000万本以上も売れているのです。それではその秘密を探ってみましょう。

メディプラスゲルの美容成分

メディプラスゲルは、肌環境の向上を重視して作られたゲルです。そのため、成分も3種の高濃度セラミド、3種のヒアルロン酸、2種のコラーゲン、ビタミンCなどの肌に嬉しい物が豊富に入っています。

セラミドは、細胞間脂質の約40%を占めている成分で、強力な保湿力があります。湿度が下がっても水分をキープできます。ヒアルロン酸も自分の質量の200~600倍という驚異の保湿力を誇ります。さらにコラーゲンが肌にハリと弾力を与え、ビタミンCが老化を防ぎます。

そのうえ、美肌の名湯、出雲玉造温泉水も使用しています。

その他にもプラセンタやヨモギエキスなど、美容成分は62種類も入っています。これだけの成分が入っているのですから、肌に良いのも当然でしょう。

保湿力も当然素晴らしいものですし、従来のオールインワンゲルが普通の化粧品より劣るとされていた浸透力も、肌にぐんぐん浸透し、内側からもっちりした潤いやハリを与えてくれます。

ですから、満足度は93%にも上ります。

それに、2010年からモンドセレクションを4年連続で受賞しています。モンドセレクションとは、製品の技術水準を審査する民間団体で、絶対評価を用いているため、一定の品質を満たしていることの確かな裏付けとなります。

そのため、受賞する商品の数はまちまちですが、相対評価のように、他の商品の水準が良かったから受賞できなかった、反対に出品数が少なかったから受賞できた、ということが起こりません。

つまり、高い品質を保ち続けていることの証なのです。人気があるのにはきちんと理由があるということですね。

体に悪い成分は徹底して入れないこだわり

化粧品には実はいろいろと体に良くない成分が含まれていることがあります。保存性を高めるためのものや、効果と直接関係のない良い匂いを付けるもの、色を着けるものなど、不自然な色や香りの食べ物が体に悪いのと同じように目を引くために(売るために)着色料や香料を混ぜているのです。

しかし、メディプラスゲルにはそのようなものは含まれていません。

具体的には「合成界面活性剤」「鉱物油」「香料」「着色料」「防腐剤(バラベン、フェノキシエタノール)」といった、他の化粧品には普通に入っているようなものが入っていないのです。

これらがどのようなものか説明していきます。

「鉱物油」というのは、簡単に言うと石油を精製したものです。化粧品は主に水と油と界面活性剤でできています。この油は自然由来のものを使っているものと、石油からとった油を使っているものがあります。

石油を顔に塗るなんて気持ち悪いですね。本当はこれを精製して使っているので、そんな極端なことではありませんが、この精製にはコストがかかるので、どんな良質な油にしているかは、メーカーの良心に委ねるしかありません。

以前、精製度合いの低い鉱物油を使った化粧品を使い続けたことによって、大きなシミや肌の黒ずみが起こる顔面黒皮症になったというケースがあります。

しかし、メディプラスゲルはそもそもこの鉱物油を使っていないので、安心です。また、香料や着色料については、消費者センターに寄せられる化粧品のトラブルの原因の約95%を占めています。

もちろん、香料や着色料の中にも無害のものもありますが、有害なものもあり、何が使われているのか分かりません。初めから入っていないと分かっていれば安心ですね。

合成界面活性剤と防腐剤については後段で説明しますが、これらを入れないことが肌のことを考えるメディプラスゲルのこだわりなのです。

合成界面活性剤の問題点

まず合成界面活性剤とは、簡単に言うと水と油の境目を混ざりやすくするもので、乳化剤とも呼ばれ、合成洗剤などにもよく使われています。

水と油、と言うとものすごく仲の悪い人同士を表す慣用句になるほど、混ざり合わないものの代表のようなものです。しかし、化粧品はこれを混ぜることで様々な成分を分離させずに含ませることができるのです。

また、合成界面活性剤の特徴の一つに、皮膚への浸透性の強さがあります。

この働きにより、肌につけた時の気持ちよく馴染んでいく使い心地が得られるのです。しかし、この合成界面活性剤はお肌のトラブルの原因となります。なぜかと言うと、合成界面活性剤にはタンパク質変成作用があるからです。

合成界面活性剤は皮膚浸透力が強いと申し上げましたが、これは、皮膚のバリアゾーンを破壊して皮膚の中に入っているのです。皮膚は、皮脂膜や細胞間脂質によって守られています。

この部分によって外部からの異物の侵入を防いでくれているのですが、合成界面活性剤はこの皮脂膜を溶かしてしまいます。油汚れを落とす合成洗剤に使われているのですから、当然ですね。

皮脂膜というバリアゾーンを失った皮膚は、細菌などが侵入しやすくなり、ニキビや肌荒れを起こしやすくなります。さらに、皮膚には第二のバリアゾーンとも言えるものがあります。

これがメラニン細胞です。メラニン細胞は皮膚に異物が侵入してくると、メラニン色素を作って防御しようとします。異物を防御してくれるのはいいのですが、メラニン色素は皆さんもご存知のとおり日焼けのもとになるような黒い色を持っています。

このメラニン色素が増殖することによって、シミやそばかすになってしまうのです。また、皮脂膜を破壊された皮膚は水分を維持することもできず、乾燥肌にもなってしまいます。

防腐剤パラベンの問題点

メディプラスゲルが入れていないという防腐剤ですが、それにはどのような問題があるのでしょうか。腐るのを防いではいけないのでしょうか。

防腐剤の中でも有名なものがパラベンでしょう。パラベンは、旧指定表示成分の一つです。指定表示成分というのは、体に悪影響を与える恐れがあるもので、これを入れる時には必ず表示しなければいけない、というものです。

具体的には、皮膚炎やアレルギー性湿疹などを起こすおそれがあると言われています。

パラベンにはいろいろな種類があります。

メチルパラベンやエチルパラベン、ブチルパラベン等です。メチルパラベンは敏感肌の人は刺激を感じてしまいます。エチルパラベンは光毒性の作用があり、シミの原因になり得ますし、ブチルパラベンは皮膚から浸透して肌にダメージを与えます。

このような悪影響が言われているので、含有する場合は表示を義務付け、使用する時は自己責任で使用しなさい、というものなのです。

ただ、パラベンには、肌に影響がない優秀な防腐剤だと主張する人もいます。確かに日本の厚生労働省やEUでも使用を認められていますし、アメリカにおいては、最も安全な物質と認められるGRAS物質に指定されています。

また、表示指定成分に指定されたのは、何十年も前の法律であり、その後の研究によって他の防腐剤は指定されなかったこともその根拠になっています。

表示指定成分にならなかった物質の中にもアレルギーなどを引き起こすものはあり、表示指定成分になった物質の中にも安全性の高いものがあったのです。

しかし、このように情報が錯綜している中では、やはり入っていない方が安心できるのではないでしょうか。しっかりとした結論が出るまでは疑わしい物は使わない、という姿勢にもこだわりを感じます。

防腐剤フェノキシエタノールの問題点

防腐剤として、最近使用が増えてきているのがフェノキシエタノールです。

指定表示成分にはなっていませんが、パラベンの項でも説明したとおり指定表示成分になっていないから安全とは言い切れない部分があります。

そもそも指定表示成分という制度は数十年前のものであり、フェノキシエタノールが使われ始めたのが最近なので、以前から使われていたら指定表示成分に含まれていたはずだと言う人もいます。

防腐剤としての効力は、パラベンに比べると弱く、そのためパラベンよりも使用量を増やさなければいけないというのがフェノキシエタノールの評価でした。

しかし、近年の研究によってパラベンと同量程度でも防腐効果が期待できるようになってきました。ただ、防腐効果が限定されていて、パラベンと併用されることが多いようです。

では、フェノキシエタノールの危険性はどうでしょうか。フェノキシエタノール自体は自然界にも存在します。ただ、自然界に存在するからと言って当然すべてが安全な訳ではありません。

データによってはパラベンよりもフェノキシエタノールの方が急性毒性やアレルギーの発症率が高いという結果が出ているものもあります。

それに、フェノキシエタノールは生殖器への異常が懸念されています。つまり胎児への影響があるかもしれない、ということです。

その他、せきや頭痛などを引き起こす可能性も指摘されています。このフェノキシエタノールに関しても、安全説もあれば危険説もあります。どちらが正しいのか、はっきりするまでは使用しないに越したことはないと思います。

メディプラスゲルの美容成分~セラミド

メディプラスゲルには様々な美容成分が含まれています。その数なんと62種類!

これ1本で全てを完結させることができるオールインワンゲルなのです。では、それぞれの成分にはどんな効果があるのでしょうか。まずは、高濃度セラミドについてです。

セラミドとは、細胞間脂質というものでもともと私たちの皮膚に存在しているものです。このセラミドが細胞と細胞の間で水分や油分を保っています。

つまり肌のうるおい、しっとり感はセラミドが作っているのです。このセラミドは、若いうちは豊富にありますので、みずみずしい肌を保ってくれますが、加齢や環境などによってどんどん減少していきます。

実際に乾燥肌や肌荒れの人の肌にはセラミドが著しく少なくなっています。もちろん、合成界面活性剤の使用によっても減っていきます。

セラミドは肌のバリア機能も果たしていますが、合成界面活性剤によってこのバリアは溶けてしまいます。そのようなことのないように合成界面活性剤を使っていないメディプラスゲルをお勧めしているのですが、こうやって減ってしまったセラミドを補充してやることで、肌の保湿力をアップしバリア機能も復活し、肌トラブルが減少するのです。

また、セラミドにはメラニンの合成を抑え、しわを防ぐ効果もあります。

その他、アトピー性皮膚炎の人もセラミドが少ないためこれを摂取すると効果があると言われています。メディプラスゲルに含まれているセラミドは、高濃度で配合されているので、肌に浸透しやすく、肌の潤いもバリア機能も復活させてくれます。

メディプラスゲルの美容成分~コラーゲンやヒアルロン酸

メディプラスゲルに含まれている美容成分はもちろんセラミドだけではありません。他にもコラーゲンやヒアルロン酸など全部で62種類もの美容成分が入っています。

コラーゲンはみなさんよくご存知ですね。手羽先や牛スジ肉、すっぽんなどに含まれていて、食べた後にお肌がプルプルになる成分です。実際には食べてすぐにそんな効果は出ないようですが、お肌に良い成分なのは間違いありません。

そもそも、コラーゲンとはタンパク質を構成するアミノ酸の一種で、肌の70%がコラーゲンでできています。コラーゲンも加齢や紫外線などで減っていきますので、補充することが必要なのです。

食事で摂ることも大切ですが、皮膚の外側から塗ってあげることで、美肌を作ることができます。他には、ヒアルロン酸も並はずれた保水力で有名ですね。

なんと1g当たり6リットルもの水分を保持できます。このヒアルロン酸も私たちの体内にあるのですが、加齢によって減っていきます。特に40歳ぐらいから急激に減り始め、70歳になるとほとんど残っていないそうです。

そのため、年齢を重ねると肌にしわやたるみができてしまうのです。

その他にも、羊などの胎盤から有効成分を抽出したプラセンタや、肌に明るいうるおいを与えるビタミンCなど、これでもかと言わんばかりに美容成分が入っています。

これで肌が喜ばないはずがありません。しっかり保湿をして、肌トラブルと無縁の肌になりましょう。年齢とともにお肌の衰えを感じ始めた方に是非お勧めしたいオールインワンゲルです。

敏感肌でも大丈夫?

敏感肌の人は、化粧品を選ぶのにもとても気を使わなくてはいけないので、大変です。刺激の少ない物を選ばなければ、すぐに肌がぼろぼろになってしまいます。

友達が気軽に勧めてくれた化粧品を使って肌荒れに・・・なんてこともあるでしょう。では、このメディプラスゲルは敏感肌の人が使っても大丈夫なのでしょうか。

これについては、開発者でもあるメディプラスオーダーズ代表の恒吉明美さんが、自分も敏感肌であったために開発した、といういきさつを考えると自ずと分かってきます。

恒吉明美さんは、美容液やクリームを使えば使うほど肌に刺激を与えてしまう、と考え1回のお手入れで全てが完結するようなオールインワンゲルを求めていました。

しかし、納得のいく商品が無かったため、自分で作ることにしたのです。

このメディプラスゲルはできるだけ肌への刺激を少なくし、肌に触る回数を減らすことと、優れた成分をしっかり配合させることで、肌環境を改善することを主目的として開発されたのですし、皮膚科医の指導のもとでアレルギーテストまで行っています。

ですから、敏感肌の方でもたいていの方は安心して使うことができます。

ただ、肌のコンディションや個人差などもありますし、全ての方にアレルギーが出ないと言う訳ではないので、使用前にパッチテストは行ってください。

それでも、他の商品とは開発のコンセプトも違いますし、肌に優しい成分を使っているのは間違いないので、試してみる価値はあると思います。万一お肌に合わなくても30日間は返品OKですから安心ですね。

メディプラスゲルを使ってみてください

このような特徴のあるメディプラスゲルですが、使用する時に気をつけてほしいことがあります。それは、肌になじませる時にメディプラスゲルを手に取り、じんわりとお肌に丁寧になじませるように塗ってほしいということ。

先に述べましたように、メディプラスゲルは合成界面活性剤を使っていませんので、他の化粧品のように良くも悪くもすぐに浸透しないのです。

合成界面活性剤を使っていると、皮膚の皮脂膜を溶かして肌に浸透してしまいますから、肌に悪いのですが、浸透している感覚が得られます。

しかし、メディプラスゲルは雑に顔に塗りつけてもぽろぽろと取れてしまいます。

メディプラスゲルの口コミに「浸透性が良くない」と言うのを見かけますが、それは、このためなのです。そのことに注意して使っていれば、きっと肌の環境が改善されて、実際の年齢よりも若く見えるようになるでしょう。

しかも、万一肌に合わなかった時には30日以内なら使い切ってしまっても返金されます。

その際の対応もとてもスムーズだそうですよ。もちろん途中で止めるのも自由です。定期的に届けられるコースは途中で止めにくいから、と敬遠していたあなたも安心できます。

しかも送料無料ですので、ぜひお試しコースから始められることをお勧めします。お肌のトラブルに悩んでいるあなたも、メディプラスゲルで美肌を手に入れましょう。

初回限定価格で今すぐ購入!
初回限定のお得な割引価格で購入する